Copyright (C) Shibayama laboratory all right reserved

当研究室では柏および東海にてソフトマターの構造やダイナミクスの研究を進めています。

 
2次元小角中性子散乱測定装置(SANS-U)

 2次元小角中性子散乱測定装置(SANS-U):

日本原子力研究所の原子炉JRR-3Mに設置された物性研所属の小角散乱の装置です。柴山教授が装置責任者として管理しており、全国共同利用として開放されています。
この装置で測定することにより、物質のナノオーダーの構造を知ることができます。

中性子スピンエコー分光器(iNSE)

中性子スピンエコー分光器(iNSE):

日本原子力研究所改造3号炉ガイドホールに設置された中性子スピンエコー分光器(ISSP-NSE)。この装置は、中性子準弾性散乱装置としては最高のエネルギー分解能を持ちます。数~数十nm程度の大きさの数ns程度の運動についての知見を得ることができ、高分子、ゲル、ミセル、エマルションなどのソフトマターの構造とダイナミクスについての解析がなされています。柴山教授が装置責任者として管理しており、現在、アップグレード作業が進められています。